荷役・積荷のいろいろ

原材料の輸送

原材料の輸送

国内で産出される代表的な資源の石灰石は、セメントの原料、鉄鋼の副原料として内航の大型船で大量輸送されています。

特殊貨物の輸送

特殊貨物の輸送

重量物、嵩高貨物、長尺貨物を運ぶのも内航船の仕事です。 上の写真は新幹線車両の荷役。

特殊貨物の輸送

↑大型タンクの荷役

特殊貨物の輸送

↑地下鉄車両の荷役

工業製品の輸送

工業製品の輸送

セメントは粉塵がたたないように内航のセメント船で密閉荷役し、運ばれています。

工業製品の輸送

自動車を一度に500~1,500台も運ぶ自動車専用船。貨物を積んだトレーラーも運ぶ船が増えています。         

工業製品の輸送

鉄鋼製品は、内航貨物船の主力貨物のひとつです。

工業製品の輸送
工業製品の輸送

石油製品は、内航貨物の中で最も輸送量が多く、タンカーで運ばれています。

工業製品の輸送

労働負担の軽減の為、最近では自動荷役装置を設けた船が増えています。       

工業製品の輸送

河川を遡って内陸の奥まで石油製品を運ぶ内航の平水タンカー。橋や鉄橋をくぐるため、喫水が浅く、船橋が低い構造になっています。

輸出入貨物の転送

輸出入貨物の転送

輸出入される液体化学製品は小規模工場に外航船が直着できないため、横浜港や神戸港で内航ケミカルタンカーが外航船と工場間を結んでいます。   

輸出入貨物の転送

輸入穀物は一旦サイロに貯蔵され、内航船でローカル港に運ばれ、飼料や肥料に加工されています。

輸出入貨物の転送

東京、横浜、名古屋、神戸、博多などとローカル港を結んで輸出入貨物を二次輸送するのも内航船の仕事です。

輸出入貨物の転送
輸出入貨物の転送

外航大型船で輸入された石炭は、コールセンターと呼ばれる輸入基地に一旦貯蔵され、内航の専用船で火力発電所まで運ばれています。

輸出入貨物の転送

工業塩も輸入基地から内航の専用船で国内に転送されています。

生活関連物資の輸送

生活関連物資の輸送

北海道から北関東までロールオン・ロールオフ(RORO)船と呼ばれる自走式の内航船で運ばれた生乳は、工場で加工されて消費者に届けられます。
建設機械、農機具もRORO船で運んでいます。  

生活関連物資の輸送

北海道から鹿児島までジャガ芋を運ぶ内航貨物船。ポテトチップスの原料になっています。

生活関連物資の輸送

北海道からロールオン・ロールオフ船で毎日大量に大都市まで運ばれる新聞用巻取紙。こうして新聞となって届けられるのです。

Copyright © 2017 Japan Federation of Coastal Shipping Associations