インタビュー

実際(じっさい)内航船(ないこうせん)に乗って(はたら)いている女性(じょせい)船員さんにインタビューしたよ。
内航船(ないこうせん)の仕事の魅力(みりょく)ややりがいを、たっぷり教えてもらったよ。

二等航海士 小川海生さん

航海士(こうかいし)の仕事
二等航航海士(こうかいし) 小川海生さん

内航船(ないこうせん)には、最高責任者(さいこうせきにんしゃ)である船長、船の運航(うんこう)担当(たんとう)する航海士(こうかいし)、エンジンの管理(かんり)をする機関長(きかんちょう)機関士(きかんし)などが乗っています。わたしは航海士(こうかいし)なので、船が安全に航海(こうかい)できるように船を操縦(そうじょう)したり、見張(みは)りをするのが仕事です。

続きを読む

三等機関士 澤館なつみさん

機関士(きかんし)の仕事
三等機関士(きかんし) 澤館なつみさん

わたしは、船のエンジンルームでエンジンの整備(せいび)点検(てんけん)をする、機関士(きかんし)という仕事をしています。日本中で、わたしたちの運ぶ荷物を待っている人がいるので、責任(せきにん)重大な仕事です。内航船(ないこうせん)では本当にいろいろなものを運んでいて、新幹線(しんかんせん)の車両なんかも運んだことがあるんですよ。

続きを読む